水虫の呼び名は場所で変わる

水虫はかゆくて嫌ですよね、

中々治らないから困ってしまいます。

恥ずかしくて人に相談もできないし、
かゆいくらいではなかなか病院にも行きづらいです。


水虫に悩んでいるあなたも安心してください、
私と一緒に水虫の事を調べて治してしまいましょう。


水虫とは虫ではなく、簡単に言うと
「カビ」が身体に寄生しておこる病気のことです。


医学用語ではカビの事を「真菌」といいます。
そしてカビによっておこる病気を真菌症といい
皮膚におこる病気を皮膚真菌症といいます。


そして皮膚の一番外側の角質層に寄生するカビに
皮膚糸状菌と呼ばれる種類がありその代表が白癬菌です。
この白癬菌が水虫の正体です。


面白いことに白癬菌による皮膚病の水虫は
場所によって病名が変わります。

水虫が頭にできれば「シラクモ」と呼ばれます。

水虫が体部にできると「ゼニタムシ」と呼ばれます。

水虫が股間にできると「インキンタムシ」と呼ばれます。

手の水虫は「手水虫」足は「足水虫」爪は「爪水虫」と呼ばれます。

まず自分の水虫は何かを知ってください。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。