水虫大国日本の実態カテゴリの記事一覧

日本人の2割が水虫

日本の水虫の実態は

医療機関が行った調査によると、
日本の水虫患者は約2500万人もいるといわれています。


なんとまあ国民の2割が水虫にかかっているということになります。


その中でもとくに働き盛りの年代に水虫が多いのですが、
靴を履いて働いてる層が多いのが特徴なのは分かります。

やはり蒸れて不衛生だからでしょうか
それなら原因はわかるのですが

困ったことに最近では子供の水虫患者が増えているそうです。


水虫は家庭内での感染が多く、
水虫患者の45%が同居家族に水虫患者がいるそうです。
また、同居家族の役5割が配偶者です。

家族に水虫の人がいると当然、感染する危険があります。

家庭内で共有するバスマットやスリッパ、じゅうたんや畳、
水虫の家族の靴をちょっと履いただけでうつる場合もあるので
家族にうつらないように気をつけてください。


小さな子供の水虫は、
ほとんどの場合親の水虫からうつったと考えていいでしょう。

私たちでもかゆくて困るのに子供にうつすのはかわいそうです。

水虫を子供にうつさないように予防対策してくださいね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。