水虫は足だけではありません

水虫は手足だけじゃなくどこにでもできます。

一般的には「水虫」と呼んでいますが、医学的には「虫」ではなく
「白癬菌(はくせんきん)」と呼ばれるカビが水虫の正体です。


白癬菌は人間を宿主として、皮膚の表面に寄生するもの。
その結果として、かゆみやただれなどの皮膚病が起こります。



人の皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」という三層構造になっており、
その表皮の中で最も深部にある基底層では絶えず細胞分裂を繰り返しており、
古くなった細胞は上へ押し上げられ、垢となって剥がれ落ちます。

これは表皮のターンオーバー(新陳代謝)と呼ばれる仕組みであり、
ひとつの細胞が垢となって剥がれ落ちるまでには
健康な肌で約1ヵ月間かかります。

しかし、白癬菌はこのサイクルと同じ速さ、
またはそれ以上の速さで増殖する力があるのです。


足の裏など、皮膚がちょっと硬くなっている箇所だと、
ワンサイクルで約3ヵ月かかることもあるのです。
このため、一度水虫になると、皮膚を新しいものに換わるまでには
半年以上、長ければ1年ほどかかります。
これが、水虫の治療に時間がかかるワケなのです。

この表皮にある垢となって剥がれ落ちる前の
核のない細胞群(角質層)は「ケラチン」と呼ばれます。
ケラチンは、異物の体内への侵入や暑さ、寒さなどから
内臓を守る役目がありますが、困ったことに白癬菌はケラチンが大好きなのである。
ケラチンを栄養にして繁殖するため、
ケラチンがあって高温多湿な場所ならどこにでも寄生します。
つまり、水虫は足の裏だけでなく、どこにでもできるものなのです。


そこで水虫を治す

最強のUVエミッター
【UVエミッター】水虫やワキガでお悩みの方!一日わずか1〜5分で解決してみませんか?不快なニオイは雑菌から沸いてきます。クイック照射で簡単にクサイ原因を撃退できます!【これこれ倶楽部】



1日1回 1〜5分
照射するだけ!

水虫やワキガは、自宅で密かに治したいものです。
「UVエミッター」はご家庭で手軽に
水虫やワキガの軽減に使える家庭用紫外線治療器です。

1日わずか1〜5分程度、ワキや足に照射するだけ。
水虫の原因となる白癬菌やワキガの原因となる雑菌に
紫外線を直接照射。

殺菌することで、不快な症状を早く和らげてくれます。


殺菌効果の高い
波長254ナノメータ!

「UVエミッター」は殺菌効果の高い波長254ナノメータの紫外線を患部に照射します。
254ナノメータ波長の出力はいろいろな菌やウィルスに対し、強い殺菌効果を発揮することが実験で証明されています。



ハンディタイプだから
使いやすい!

「UVエミッター」はハンディタイプですから、
患部にむけて照射しやすく、手軽に操作できるのも特長で、
体の他の部位への日焼けやシミの心配もありません。


【UVエミッター】水虫やワキガでお悩みの方!
一日わずか1〜5分で解決してみませんか?
不快なニオイは雑菌から沸いてきます。
クイック照射で簡単にクサイ原因を撃退できます!

最強のUVエミッター
【UVエミッター】水虫やワキガでお悩みの方!一日わずか1〜5分で解決してみませんか?不快なニオイは雑菌から沸いてきます。クイック照射で簡単にクサイ原因を撃退できます!【これこれ倶楽部】



水虫を治すには根気

水虫治療のポイントは

根気が大切です。

完全に治るまで根気よく続ける事が大切です。


角質層の皮膚の新陳代謝は約1ヶ月かかるといわれてます。

かゆいときだけではなく根気よく毎日塗っていると
最近の薬は、効果があり1日1度ぬるだけで効果があり、

治療開始後2〜3週間もすると症状が改善してきます。

けれど、皮膚の奥の菌が完全に死んだわけではありません。
完治させるには、角質層の菌を完全に追い出すまで、
更に2〜3カ月間塗り続ける必要があります。


水虫菌は、成長が遅く時間がかかります。

治療に際して気をつける点は、
出来るだけ患部を乾燥状態にして下さい。

靴は通気性の良いもの、
普段はサンダルやメッシュのものが良いでしょう。


風呂に入ったら患部は清潔にしっかり洗て下さい。

水虫の棲んでいる角質層は、
しっかり洗って余分な垢を落とすようにして下さい。

風呂から上がったら一旦乾燥させ、
汗が止まったら水虫の外用薬を塗布して下さい。


「広めに塗るのがポイント」

正常に見えても水虫菌が潜んでいることがあります。
外用薬ですので、全身的な副作用はほとんどありませんので、
広めに塗ることを心がけてください。

薬を使用すると、しばらく皮が剥けて悪化したように
なることがありますが、水虫のついている皮が取れて
薬の効果があると思って下さい。

治ったと思ってもまた復活する性質があり
しぶとい水虫ですから、かゆみがおさまってからも
しばらくは治療を続けることですね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。